仕事のお悩み解決記事はこちら>

【都市ガスは絶対】札幌で賃貸の部屋探しのコツ!【失敗談も】

部屋 お役立ち

はじめての一人暮らし、ぜったいに理想の部屋に住みたい!
この記事では札幌の賃貸で理想の部屋に住むための失敗しないコツなどを実際に札幌で一人暮らしをしている私がご紹介します!

私は、はじめての一人暮らしで失敗してすぐに退去し、かかった費用を無駄にしてしまった経験があります。
当時はスマートフォンもなく、ネット上に情報が少なかったこともあり、もっとちゃんと調べておけばよかった…とかなり後悔をしました。

それから10年以上経った今、理想の部屋に住めています。

そろそろマンションの更新が近いこともあり、2020年に入り部屋探しをし、何件か内覧に行ったりしています。
そんな最近の経験もまじえ、札幌での失敗しない部屋選びのコツや手順、方法をまとめます。

私が初めて札幌で一人暮らしをした時の失敗

初めて一人暮らしをした時は、6帖+ロフト2帖の部屋。
この時の部屋選びで失敗したな~と思ったのはおおまかに以下の4点。

  • 内覧したその日に2~3部屋見ただけで申し込み
  • 暖房、給湯すべてプロパンガスの部屋
  • 暖房効率が悪すぎるロフト
  • 隣の部屋との壁が薄すぎ

テンション上げて家具も新しく準備しましたが、3か月ほどで退去して実家に戻りました…。

理想の部屋に出会うために、まずはネットで検索

ネット検索

札幌はどの不動産屋でも取り扱いの物件がほぼ同じです。
なので、返信が早くてきちんとこちらの意図をくみとって提案をしてくれる方と、やりとりをした方が良いです。
不動産会社によっては、LINEやチャットで気軽にやりとりができます。

物件を問い合わせる際は、フルネームじゃなくても大丈夫です。
私はいつも苗字カタカナだけで問い合わせています。

また、複数からお問い合わせの返信が来ることもありますが、すべてに返信を返す必要はありません。

気になる物件があれば、まずはどんどん問い合わせしましょう

条件など詳細の希望を決めて伝える

中には事情により、ネットに掲載されていない物件や記載されていない条件もあります。
あらためて、希望の詳細を伝えて探してもらうのがスムーズです。

  • 家賃(管理費込みでいくらか)
  • 路線
    例:〇〇駅~〇〇駅まで、〇〇線沿線 など
  • 駅から徒歩何分以内か
  • 築年数
    例:新築か、5年以内か~など
  • そのほか設備の希望
  • いつまでに引っ越ししなければいけないか
    例:3月末までには引っ越したい
    (今の部屋が賃貸であれば、退去予定日も具体的に伝えるのが◎)

私が今の部屋探しをしていたときに、設備の希望としては、
都市ガス、BS視聴、インターネット無料、洗面所独立、バス・トイレ別、エアコン
を条件に探してもらっていました。

BS視聴可能かどうかは、築年数が浅い物件なら見られるところがほとんどです。
わざわざ情報に記載していない管理会社もあり、不動産屋経由で確認してもらわないといけなかったりします。

なので、まずは物件を問い合わせて、希望の詳細を伝えて部屋探しをしてもらいましょう。

物件はできるだけ直接&複数見に行く

明るい部屋

気になると思った物件はできるだけ直接、複数見にいきましょう。
引っ越しする地域がある程度決まっていれば、あとは見てまわるだけです。

事前に部屋の鍵を借りてもらわなくてはいけない場合などもあります。気になる物件があれば、あらかじめ不動産会社の方に伝えておきましょう。

比較するためにも、これはどうかな…と迷っている物件もとりあえず候補にあげて見に行くのをおすすめします。

物件に行く際にこれだけは確認したいポイント

  • 隣の部屋との壁の薄さ
    ⇒隣の部屋との壁がコンクリートではなく板一枚のところもあります。
    1Kや1Rだとコンクリートを挟んでないことがあるので、確認しましょう。
  • 洗濯機を置ける場所があるか
    ⇒古い物件だと、洗濯機を設置すると物理的にお風呂に入れなくなる部屋があります。実際そんな部屋に住んでました笑。
  • メジャーを持参して家具の置き場を確認
    ⇒たまにデキる不動産会社の方だとメジャー持参で来てくれる方もいますが、だいたい皆さん持っていないので、持参して記載しましょう。
  • 自転車置き場の場所
    ⇒外だと冬は雪に埋もれてしまいますので乗る方は要確認
  • クローゼットの中や壁をさわって湿気チェック
    ⇒何もないのにジメジメしている部屋はぜったい×
  • 窓を開けてみる
    ⇒曇りガラスの窓を開けるとそこは隣の物件の室外機置場、ということも…

都市ガス物件がオススメ!札幌はプロパンガス料金は高いので注意!

札幌のプロパンガスはどのガス会社も料金が高いです。
なので、ちゃんとお風呂に入りたい方は、暖房も給湯もプロパンガスの部屋は、家賃が安くても避けた方がいいです。
まったくお風呂に入らないなら別ですが…。

私が最初に住んでいた部屋が、まさに給湯も暖房もプロパンガスでした。
この時はそもそもガスに種類があることすら知りませんでした。

・お風呂はあまり入らず、ほぼ毎日シャワーで済ませる
・暖房も寒くて死なない程度に入れる
・料理で夜にガスを使う
これで ⇒ 1か月2万円近い請求が来ました…

家賃が3万円くらいで安くすむ♪という気持ちだったので、相当落ち込みました。
ロフトの部屋で天井が高く、暖房効率が悪かったのも良くなかった原因かもしれません…。
ロフトは一見おしゃれなんですが、熱が上にいってしまうのでリビングが寒くて北海道には向かないな…と思いました。

都市ガスの物件は人気

今はプロパンガスが高いことを知り、都市ガス物件に住んでいます。
真冬でも毎日お風呂にはいって暖房をつけても、1万円以上になったことはありません。

なので、おすすめは

  • 給湯も暖房も都市ガス
  • 給湯プロパンガス+暖房は灯油

最近部屋を探していて、都市ガス+暖房が灯油の物件もありました。
灯油の暖房の方があたたかさが持続する&乾燥しないので、この組み合わせで気に入った部屋があったら最高ですね。

プロパンガスの料金が高いことを知っているので、都市ガス物件でいいところがあれば、すぐ決まってしまいます。
実際、私も今の物件は先に申し込みが入ってしまい、諦めかけていたのですが、キャンセルが出て繰り上がりで入居することができました。

不動産会社の方も口をそろえて「都市ガス物件は人気なのですぐ決まる」と言いますが、本当にちょっと条件がいいとすぐ申し込みが入っています。

エアコンはあった方がいい?

エアコン

札幌の夏は涼しいと言われていますが、最近は30度を超えることもあり、昼間の陽あたりによっては夜も寝苦しい時もあります。
なのであることには越したことがないのですが、札幌はまだまだエアコンが付いていない物件がほとんどです。
ネットで部屋探しする際も「エアコンあり」にするとかなり件数がしぼられると思います。

私はエアコンが付いている部屋に住んでいますが、なんと昨年はお試しで1回つけたのみで、窓もほぼ開けずに夏を越しました
こんな部屋はまれですが、昼間に直射日光がまったくあたらない&入らない部屋のためです。(暗くはないんですけどね…)

日光が入らなくても、壁の一部に日光が当たったり、最上階の部屋であれば夏は暑いと思いますので、エアコンの有無や夏場の暑さは気にしなくてはいけないと思います。
札幌でも夏は暑いですので、エアコン有無&窓がちゃんと開けられて風通しがいいかは要確認です。

ちなみに、私の部屋についているエアコンは冷房機能のみ。
そして、羽の部分が手動です。最初壊れてるかと思ったのですが、説明書を見たら自分で角度を調節してね~と…。手動なんてあるんですね…とびっくりでした。

こんな条件の物件は狙い目!

先日、こんな物件に出会いました。

「駅徒歩2分、築年数30年以上のタワーマンションの上階、バストイレ別、洗面所独立でカウンターキッチン、フルリフォーム済みの部屋で4万円以下」

上階なので窓の外は視界をさえぎる物がなにもなく、角部屋。
ある程度きれいなところに住みたいと思ったら、まず築年数を30年以上の物件はチェックしないと思います。
ですが、30年以上経っているからこそリフォームして設備が整っているいる可能性があります。

もうぜったいここに住む!と心に決めたのですが、タッチの差で実際に見ずに申し込んだ人が…。
キャンセルになることをお祈りしたのですが、先に決められてしまいました…本当に悔しくて今でもずっと後悔しています(泣)

同様の条件を不動産会社の方に探してもらったのですが「この物件に勝てる部屋がない…」と頭を抱えていました。

そのくらい狙い目な部屋に、運が良ければ出会うことがありますので、新築しか考えられない~という方も、築年数の幅を広げて探すのはアリです。

「築年数が古くても、リフォーム済み」

というのは超~狙い目の条件です!!

リフォーム済みというのはネット上で探していてもチェック項目が無いので探すのは大変なので、不動産会社の方に問い合わせて探してもらうのが、おすすめです。

1月~3月は良い条件の物件はすぐに決まってしまう

ワンルーム

1月~3月にかけては、新生活に向けての物件探しがピークとなり、不動産会社さんも繁忙期です。

実際に物件を見ずに決める人も多数で、私も良物件を先に申し込みされてしまいました…。

なので、あえて見に行く前に「ここだ!」と思ったものがあれば、申し込みだけ先にしてしまうのもありだと思います。
審査などもありますので、その間実際見に行って、理想と違ったらキャンセル…などという方法も裏技的に可能です。

また、だいたいどんな場所にあるのか、Google Earthのストリートビューでも見ることができます。
まわりの環境や、駅からどんな道をたどってマンションにたどり着くのかなど、あらかじめ見ておけば間違いがないです。
イメージもざっくりつかみやすいので、おすすめです。

番外編:本当にあったコワイ話…

賃貸の申し込みをした後は、管理会社の審査があるのですが一度「保証人の母親が高齢すぎる」とお断りされたことがありました。
そういう場合は保証会社を使ったりするのですが、初期費用が高くなってしまうのと、その理由ひどくない~?と思い、一度そこの物件は申し込みをやめたことがありました。

後日また別の不動産会社の方と部屋を探していい部屋があったのですが、上記の断られた管理会社の部屋でした。
先日断られたんですよね…と伝えると「そこの管理会社の人と仲良いので大丈夫ですよ」とのこと。
いやいやいや~そんなことあるんかい!と思っていたら、母親の条件が同じだったにも関わらず、審査に通りました。えー、なんだそれ!
ということもありました。もしこんな風に断られたら、別の不動産会社に変えて問い合わせてみるのもアリです。

ちなみに、そこの部屋は申し込んだはいいものの後日、家賃の条件が変わるとのことで、条件が折り合わずにお断りしました。
いや、それもなんでやねん! て感じなんですが、そんなこともありました。

今現在、お部屋を探しているみなさんも、理想のお部屋に住めるように、妥協せず探してみてくださいね!

もし不動産会社などに相談できないことがあれば、twitterでもご相談にのりますので、お気軽にリプライかDMください。
おすすめの地域などもご相談にのります!
https://twitter.com/fujishilog

Photo by Nathan Fertig on Unsplash

タイトルとURLをコピーしました