仕事のお悩み解決記事はこちら>

東京で浜町ホテルに泊まってみた感想【最高】

ホテル外観 ホテル
mde

東京で、都会の喧騒をはなれてきれいでオシャレな、ちょっといいホテルに泊まってみたい…と思い、浜町ホテルへ。

今回はディナーも朝食も利用して、併設されているチョコレートショップでも買い物をし、浜町ホテルを満喫して大満足して感動した私の体験を書きます。

春休みの旅行に、ちょっとした自分のごほうびにも。
おひとりさまで東京でゆっくりしたい方に、浜町ホテルはおすすめです。

浜町ホテルでディナー、朝食、レストラン、チョコレートショップ、ランチ以外のすべてを体験した

いつも遠征旅行をする時は、会場に近い安ホテルに泊まることが多いので、わりと疲労します…。
1月は遠征が続いてつかれていたため…ちょっといいホテルに泊まりたい欲が出て、前から気になっていた浜町ホテルに泊まることに。

浜町ホテルは2019年2月に新規オープンしたホテルなので、外観もきれいです。

到着したのは夜21時頃。ちょっと遅めになりました。

浜町ホテル外観
浜町駅から歩くとここがホテルの目印。ホテル入り口はこの右手側になります。

浜町駅からホテルまでゆっくり歩いて、徒歩6~7分くらい。
ホテルの近くには、24時間営業の成城石井や、スーパーマーケット、ガスト、サイゼリヤ、ローソンなど、狭い範囲にいろいろあるので、ちょっとした買い物するのにも便利です。

浜町ホテルも賃貸マンションと同じ建物の一部なのですが、ホテルの周りもマンションが多いからかもしれません。
周囲は静かです。

ホテルのフロントは1Fで、入ってすぐ左手にブルーノートが経営しているダイニングレストラン「セッション」があります。

遠征続きで安ホテルにばかり泊まっていたので、テンション爆上がりです。

エントランス

おしゃれです。

ホテル宿泊者用のエレベーターはすぐ手前にあり、マンションの住人の方用のエレベーターは奥にあり、エントランスも別になっています。

エレベーター

部屋がシングルからダブルにアップグレードされていた

部屋に向かう廊下もきれいです。全室禁煙なので、どの階も空気がクリーン。

ホテルの廊下

ちなみに、部屋はシングルを予約していたのですが、ダブルの部屋にアップグレードしてくれていました。ありがたい。
テンションさらに上がります。

部屋
ダブルベッド

部屋の設備など

ベッドサイドにはUSB電源とコンセントが完備されています。
逆サイドにも同様に設置されています。

ベッド横の設備

テレビとデスクはコンパクトにまとめられています。おしゃれ。
ちなみに、テレビはBSが視聴できませんでした。
空気加湿清浄機が完備。

テレビなど

ダブルの部屋だったので、 500mlの水のペットボトルと、紅茶が二人分用意されていました。得した気分です。

飲み物、紅茶

こちらの紅茶、こんな風に淹れて、出し終わったあとは入っていた袋にそのまま入れて捨てるタイプです。

紅茶を淹れてみました

はじめてみた紅茶だったのですが、売ってるところがあれば教えてほしいです…。ほしい。

バスルーム、アメニティ

こちらも必要最小限にコンパクトにまとめられています。
オープンして約一年ほどなので、水回りはとてもきれいです。

バスルーム

私は髪の毛が長く量が多いので、ドライヤーの性能はめちゃくちゃ大事です。
KOIZUMI製のちゃんと勢いよく風が出るドライヤーだったので、私の剛毛でも困りませんでした。

ドライヤー

シャンプー、コンディショナー、シャワージェルはペリカン石鹸のもの。
使いましたが、髪の毛バッキバキになることもなく、良かったです。

シャンプー、コンディショナー

シャンプーが合わないと手荒れするのですが、まったく問題がなかったのもポイント高いです。

浜町ホテルのパジャマ

上下別れているタイプです。ズボン無いと落ち着かないタイプなのでうれしい。

パジャマは上下わかれてます

夕食は浜町ホテルのダイニングレストラン「セッション」

すぐそこにあるサイゼリヤに行こうかかなり悩んだあげく、こうなったらとことんホテルを楽しもうとひとりでレストランへ。

ホテルのルームキーを出すと、月~木曜日であれば10%OFFになります。
私はよく読まずに提示して、月~木のみなんです…と申し訳なさそうに店員さんに謝られました。こちらこそ申し訳ない。

土曜の夜だったので店内はけっこう混んでいまして、人が多かったので店内写真は撮りませんでしたが、食事の写真は撮りました。

私が注文したのは…

  • SESSIONハイボール
  • カステルフランコとロメインレタスのシーザーサラダ
  • もち豚とトリュフの蒸し餃子
  • あべ鶏のタンドリーチキン
SESSIONハイボール
SESSIONハイボール。シナモンと果実が入っていてめちゃくちゃおしゃれでおいしい。
カステルフランコとロメインレタスのシーザーサラダ
カステルフランコとロメインレタスのシーザーサラダ 。めちゃくちゃおいしいしベーコンがローストされているのであたたかい。ただ、一人で食べるには多すぎた。
もち豚とトリュフの蒸し餃子
もち豚とトリュフの蒸し餃子 。バルサミコ酢のタレにつけて食べるのですが、おいしすぎた。
あべ鶏のタンドリーチキン
あべ鶏のタンドリーチキン 。ヨーグルトソースをかけて食べます。これも肉がやわらかくて、一瞬で胃の中に消えました。

味はどれも間違いなくおいしかったです。〆の塩ラーメンもナポリタンもあって気になったのですが、22時近かったのでやめたのが心残りです…。
お値段はこの4品で3,366円。食べすぎました。

雰囲気もちょっと照明が暗めで、となりの席も離れているので、ゆっくり過ごせます。
ひとりで行っても、居心地よかったので、サイゼリヤに行かなくてよかった…!
ホテルに泊まらなくても、また行きたいなと思えるレストランでしたので、お泊りの際はぜひ行ってみてください!

お酒の種類も豊富です。

浜町ホテルの朝食

朝食付きのプランだったので、朝も夕食と同様のレストランへ。
ホテルに泊まらなくても利用ができるので、ふらりと立ち寄って来ている方もいました。

飲み物は、ホットコーヒー、アイスコーヒー、牛乳、アップルジュース、オレンジジュース。そのほかにティーバッグが数種類。
たまたま見たレビューに「飲み物の種類がすくない!」と書いてあったのですが、このくらいあれば満足です。増えたのかな。

洋食はサラダバーと、パンが数種類、全体的に品数は少なめかなという印象ですが、多すぎても食べれないし、迷うのもあれなんで、これくらいでちょうど良いと思います。

私は和食を食べたのですが、野菜の品数が多めで良かったです。
魚はサバもありました。

カレーうどんもあるというレビューも見たのですが、この日はなめこうどんでした。美味しかったです。

余裕があれば洋食も食べたかったのですが、これにホットコーヒーも飲んで、お腹いっぱいになりました。

レストランが居心地いいので、時間がある人はゆっくり食後のコーヒー飲んで過ごすとめちゃくちゃコスパ高いです。

チョコレートショップでウェルカムチョコレートがもらえる

なんとホテルに併設されているチョコレートショップ「nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO」のウェルカムチョコレート引き換えチケットが、チェックイン時にもらえます。

私はチェックインが遅かったので、朝食後にショップに行きました。
チェックアウトが11時なのでチェックアウト前に行けるのが良いです。

バレンタインチョコにも「nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO 」

ショップはフロントとは反対側の奥の方にあります。
こんな感じで入り口はオープンなので、入りやすいです。

ショップ入り口

イートインでパフェなども食べられます。

ここでしか買えないチョコレートなどいろいろな種類が食べ比べできます。

チョコレート

トリュフも売っています。和風のラインナップが多いです。

トリュフ

テンション上がって、ウェルカムチョコレートついでに、トリュフチョコレートも買いました。

購入したもの
画像右下がウェルカムチョコレートです。
トリュフ四種

左上から時計回りに、ごまとほうじ茶、丹波黒豆きなこ、紫蘇、胡麻

トリュフが入っていた箱がびっくりするくらい固く、開けるのがめちゃくちゃ大変でした。これデフォルトなのか、たまたま私だけなのか…。

こんな感じで自分でチョイスした4種類を入れてもらいました。
変わった和風のトリュフが多いので、バレンタインのプレゼントにもぴったりです。私は自分用に買いました。

イートインはこんな感じのメニューがありました。

イートインメニュー
2020年1月時点のものです。

浜町ホテルでご自愛

今年にはいり、隣の部屋のカベがぺらぺらなホテルや照明が暗すぎるホテルにあたってしまい、ストレスをためていたこともあり、浜町ホテルは部屋も静かで食事もおいしくてすべてが最高でした。

自分へのご褒美として、軽い気持ちで泊まってみましたが、関東に住んでいる方がご褒美でお泊りするのもありだと思います。
いわゆるご自愛的な。

一番安いシングルルームで予約しましたが、浜町ホテルにはもっとグレードの高いラグジュアリーなお部屋もありますので、余裕があればそちらも泊まってみるのをおすすめします。

ぜひ泊まってみてください!

タイトルとURLをコピーしました